不動産投資は事業と考えるべき

###Site Name###

TOP > 不動産投資は事業と考えるべき

不動産投資は文字通り不動産に投資をすることですが、賃貸による家賃収入目当てならば、投資と考えるには無理な部分も有ります。

まず購入した不動産を売却して儲けることを考えていません。家賃収入を得る為に不動産を購入していますから、売却をして売却益を出すことを想定していません。

だから不動産の相場すら気にしようとしません。

そして税金対策が必要になってくるのも投資では無いです。

東京の不動産投資が最近こちらで話題になりました。

投資なら税金対策は売却益に対する課税ぐらいですから、さほど税金対策をすることは無く、税金対策は考える必要無いです。

安心安全のシノケンハーモニーの評判をわかりやすく説明しています。

それで家賃収入目当ての不動産投資ならば投資じゃなくて事業と考えるべきです。
事業と考えて空室対策はどうすればいいか、修繕費はいくら必要か、減価償却費や固定資産税はどれくらいになるかと事業感覚で不動産投資をしていかないと、せっかくの投資がうまくいかなくなってしまいます。
節税も本格的にやるなら会社を設立しての法人組織にしないと効果が薄れてしまいます。

不動産をただ買って、人に貸せばそのまま家賃収入が転がり込んでくると安易に考えていたら、入居者が入らなくなって、せっかくローンを使ってまで買った物件を、家賃収入が入らないから、ローンが払えなくなって手放すということになりかねません。



手放す時に買い値で売却出来ればいいけど、かなり低い価格で売ることになるでしょう。だから賃貸での不動産投資は事業感覚で、真剣に取り組む必要が有ります。